コンテナハウスでお店を作るにあたって、自治会の規制があるのに気づき(前回の記事参照)、具体的にはどんなもんじゃい(。`Д´。)ノと確認するべく、自治会の資料に書いてある担当者の電話番号に電話をしてみました。

 

話を聞きたい旨を伝えると、「では、◯日にお越しください」と快くアポイントが。ということで、行ってきましたε=ε=ε=ε=┏( ̄▽ ̄)┛

 

 

土地建物の担当の方は自治会の役員というイメージどおり60〜70歳くらいの男性でした。専門知識が必要な分野なので、建築士として今もなお、お仕事をされているようです。相手がプロとなると、気が抜けません(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 

まずは資料に書いてある内容についての説明を受けます。わかりやすく説明をしていただき、理解が深まりました!

 

 

で、いよいよ肝心の問題に迫ります。

 

,店をすることはできるのか

▲灰鵐謄覆之てることはできるのか

 

 

祈る気持ちで切り出していきます。

 

「ここの地域でお店をすることはできるんでしょうか?」

 

 

答えはあっさり「大丈夫ですよー!」同じ地域で自宅兼お店という形でやられている方もいるとのこと。

 

「でも、最初からお店をやるということで自治会に申請を出してくださいね」

 

これが大事なことだそうで、隠してお店をやり始めて、あとあと問題になるケースもあるのだとか。そうなると、営業を停止しなければいけなかったり、最悪の場合建物を取り壊さなくてはいけないらしい。

 

もちろん、申請をしたうえで周囲の方のOKがでなければいけません。でも、NGではない時点で可能性が出てきました(*'-'*)

 

 

で、2つ目の質問。

 

「建物はコンテナで建てようと思ってるんですけど、大丈夫ですか?」

 

その答えは意外や意外、「はっはっはー最近の若い人はおもしろいこと考えますねー」この時点でホッと一安心。「素材に関しては問題ないので、色や看板だけ気をつけてください」

 

さらに、「若い人が来てくれるのは自治会としては大歓迎なんですよ!」とまで言っていただき、ありがたいかぎりヽ(*^^*)ノ

 

 

一歩前進できたかなー♪また次はコンテナの業者を探さなきゃ( 」´0`)」オォーイ!

 

 

次の記事→神戸のコンテナハウス業者に突撃してきた!