前回の記事で一目惚れした物件があったとお伝えしました。まだ見ていなかったら、説明読んでみてくださいね☆

 

どれかわかりましたか?まぁ、写真もなかったので、わからないですよね(・Θ・;)すみません。

 

では、答えを発表します!!

 

3つ目です!!

 

 

前回の説明をおさらいしてみます。

-------------------------------------------------

3つ目、家から充分通える程よい距離。築年数はたぶん1番古いと思う。駅から徒歩5分ほどと近いものの、細い路地(車は通れない)を入った奥にあるので、人通りは皆無。元工場で、その後は倉庫として使われていた。だだっ広い1つのスペースと2つの部屋がある。広さはなんと160平米。床壁天井がボロボロで穴あり、かなり汚れている。トイレなし。コンビニ近い。

 

「・・・。」無言で立ち去ります。

-------------------------------------------------

 

書いてあることは全部本当です。盛ったりしていません。ですが、僕はこれに一目惚れしました。無言だったのは、そこでのお店の未来をありありとイメージしていたからなのですヽ(=´▽`=)ノ

 

 

2つ目もかなり魅力的でした。設備的には断然2つ目です。が、僕がもともと理想としていたイメージは「隠れ家」「アジト」「秘密基地」。そこは広々した空間があって、来る人がくつろぎ、癒され、楽しめるお店です。まさにそのイメージにぴったりなのが、3つ目の物件でした。

 

なので、車が通れなかろうが、人通りがなかろうが、問題ありません。たまたま道を歩いていて、フラッと立ち寄る人よりも、WEBでストーンカンパニーのことを知って、「このお店に行きたい!」と目指してきてくれる、そんな方たちと濃密な時間を過ごしたいのです。

 

知る人ぞ知るお店、知っていることを誇れるようなお店、それが理想の姿です。

 

 

たしかに、今の姿は魅力的ではないかもしれません。不動産屋さんも「ここで大丈夫ですか?」と。うちの妻も驚いていました。でも、僕はそこに輝く未来の姿を見たのです。

 

 

では写真をお見せします。

※入り口から奥を撮影

 

どうでしょうか?床は抜けて、天井にも穴があります。壁も床も汚れています。まだ電気もついていません(電気は使用可能)。

 

つまりこれは、女性に例えるなら(あえて例えてみます)、化粧もしたことがない、服もジャージ、髪もボサボサ、オシャレに一切興味のない女性のようなものです。「どうせ私なんて・・・」と自分の魅力に気づいていないのです。テレビで見るような、劇的な変身を遂げる女性のビフォーの姿です。

 

僕には変身後の輝いた姿が見えています。魅力的に見えてしかたないのです。だから見た瞬間から、ここに石やセージたちを並べて、こっちにはソファとテーブルを置いて、想像が膨らんでしまいました。

 

今の姿なんて、正直どうでもいいのです。大事なのは可能性でしょ。お店も人も!で、その可能性は無限大なんだよ。

 

 

コンテナに振られて泣く泣くあきらめた直後、突然目の前に現れたこの魅力的な物件を、逃してしまう手はありません。他に借り手がついては元も子もありません。不動産屋さんに戻るやいなや、契約をさせてもらいました。まさに奇跡の出会いです!

 

紆余曲折ありました。当初求めていた形とは違いますが、これがベストの形なのかもしれません。いや、そうに違いありません。僕の座右の銘は「人生の流れを信頼する」です。これもきっとそんな人生の流れがあってのことなのでしょう。

 

どうなるかもわからず書き進めてきましたが、ようやく形になりました。一時はあきらめることさえ頭をよぎりました。が、やはりあきらめる必要はなかったのですね(* ̄ー ̄)

 

 

こんな素晴らしいスペースが手に入ったのですから、あとは僕のがんばり次第です!素敵なお店、立派なお店、みんなに愛されるお店になれるよう、精一杯の努力をしていきます。そして、もちろん自分も楽しんでいきます(*^-^)

 


 

次からは、この倉庫がお店に変わるまでをお届けしていきます。今後とも応援してくださいね(o^∇^o)ノぜひ遊びに、様子見に、冷やかしに来てください♪

 

 

P.S.

今、まだ何もないお店の床に座り、外を眺めながら、このブログを書いています。風通しもよく、とても気持ちがいいです。早くお越しいただけるよう、急いで準備していきますね(^ー^* )目の前は小学校。うーん、未来は輝かしい。

 

 

次の記事→ストーンカンパニー実店舗の「コンセプト」