お店を作るうえでの大きな課題、それは床!床がボッロボロに穴だらけなのです(* ̄∇ ̄*)穴だらけ継ぎはぎだらけ。さて、どうしたもんか・・・。

 

普通はありえないことですよね!契約してすぐに床を直すって(^▽^;)貴重な経験です。

 

ただこの穴が尋常ではなく、とても素人ではできそうにありません。いや、がんばればできなくはなさそうですが、床はお客様が歩くところ、もし何かあったら・・・と考えると、やはりプロにお任せするのが妥当です。安全は大切。

 

では、誰にお願いするか?ここで登場するのが、以前に「コンテナでお店を」と考えている時に建築士さんを紹介してくれた知り合いの大工さん(今はお勤めは引退して個人でしている)。

 

じつは前から「何かあったら言ってなー手伝いにいくでー」と言ってもらっていました(^-^)電話して「床がボロボロで・・・」と言うと、笑っていました!笑 で、2つ返事でOK!頼もしすぎる!

 

床材は大工さんの知り合いの木材屋さんで購入し、いざ作業開始です(*゚▽゚)ノ

 

穴は大きく3つ。

IMG_0252.JPGIMG_0253.JPGIMG_0254.JPG

床が抜けた原因は床板と根太(ねだ)の劣化です。

 

 

他にもたくさんの応急処置跡があります。

IMG_0255.JPG

 

根太(6センチ角の木材)の真ん中に切れ目がくるように切ります。

IMG_0342.JPG

 

床材が浮かんでこないように釘を打つのですが、これが早い!空気の力で一瞬で釘を打ち込みます。先日テレビでヒロミさんが駅舎を改造するのに使っていました。

IMG_0343.JPG

 

で、僕は何をしているのかというと、、、

 

見守っています。

IMG_0350.JPG

手伝いたいのですが、やると邪魔かな?と。

 

数十分で見事にキレイになりました!

IMG_0354.JPG

 

2つ目に取りかかります。安定の見守り(* ̄ー ̄)vでも、ずっと見てるから、自分もやっている気になる。

IMG_0359.JPG

 

あっという間にこんなにキレイになりました!!

IMG_0365.JPG

 

3つ目に取りかかります。こいつがやっかいで、穴の周りの床を踏むとブワンブワンと沈むのがわかります。「根太だけじゃなく、その下の大引も悪くなってるかも」と大工さん。

画像引用http://www.isseihome.com/post_7.html

 

 

ガバッと開けてみるとさらにひどく、大引もその下の床束も弱っていました。

IMG_0367.JPG

 

あわててホームセンターに行って、太い木と床束(金属)を買ってきました。

IMG_0369.JPG

こうやって組んだりするのはやはりプロの仕事。簡単にやっていました。

 

IMG_0382.JPG

 

根太も交換&補強をして床板を取り付けていきます。

IMG_0384.JPG

 

で、僕はというと、、、

 

 

安心してください!見守ってますよヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ

 

基本的に暖かく見守っていた僕ですが、もちろん何もしていないわけではありません( ̄ー+ ̄)木材のゴミを運んだり、木屑を片付けたり、遠くにある道具を渡したり。

 

そして、大工さんの技を盗んで自分も床を直します。応急処置で被せてある板を取ると、抜けかけの床。

IMG_0378.JPG

 

切り口が根太の真ん中になるように切ります。

IMG_0380.JPG

 

板をはめます。お見事( ̄∇+ ̄)v

IMG_0381.JPG

これを地道に10ヶ所くらいやりました!

 

 

そして完成!じゃーん!こんな具合になりました♪

IMG_0402.JPG

 

ウォールナットのオイルステインで色を塗ると、こうなりましたヽ(´▽`)/

少し色は違いますし、かなりのムラもあります(僕が塗った)が、これもいい味になるでしょう!

 

足下がしっかりするとかなりいい感じです。今までは穴に落ちないように気をつけながら歩いていたので、安心感が違います(* ̄▽ ̄*)手がかかる子ほどかわいいと言いますが、手がかかるお店もかわいく感じる今日この頃♪

 

 

次の記事→お店の壁をDIYで改造するぞ!