セドナ2日目のボルテックス巡りを無事に終えましたが、この日はこれで終わりではありません!あとは次の日の朝に空港に向かうだけなのですが、そのためにしなければいけないことがあります!荷物の梱包です(・Θ・;)

DSC_0126b.JPG

が、石好きの集まりです。ただ包むだけでは終わりません!お互いの購入した石を見せ合い、ミニミネラルショーが始まります(*゚▽゚)ノそれぞれの好みが違い、おもしろい!「それ意外ー!」とか「やっぱそうだよね!」とか、あーだこーだ言い合います(* ̄∇ ̄*)

 

遊んでばかりはいられませんヾ(●ε●)ノ本気モードで梱包していきます!

DSC_0129b.JPG

1つ1つ大切に梱包するとけっこう時間がかかります。今回は全員がすべての石を手持ちで帰ります。アメリカン航空では飛行機への預け入れは50ポンド(約23キロ)までのスーツケースが2つまでです。機内への持ち込みは重さの制限はなく、頭上の収納棚や座席下の収納スペースに収まる大きさであれば、身の回り品1個と機内持込み手荷物1個で合計2つの荷物の持ち込みが可能でした!(今回はエコノミーでした。グレードによって条件は変わると思うので、航空会社にお問い合わせください。)

 

 

なんとか全員無事に梱包も終わりました(^^)vもう夜の10時ごろ。次の日は4時半にホテルを出発!なによりも早く寝なければいけません。

 

 

で、次の日。

 

 

なんだかんだで出発が25分遅れ4時55分(^▽^;)

 

飛行機は朝の8時20分発なので遅くとも6時50分には着いておきたいところ。ホテルからフェニックス空港までの距離は約200キロ!高速一本で一直線なので、2時間ちょっとで着きます!多少遅れはするもののなんとかなりそうです(;^_^A

 

が、ここで誤算がありました。フェニックス空港に近くにつれて車が増える。平日朝の通勤ラッシュのようです(・Θ・;)

華代のアルハ?ム_180507_0161.jpg

さらに車は増えに増え、ピタッと動かなくなりました(; ̄ー ̄A ナビの到着時間がどんどん遅くなっていきます。。。焦っても車は進みません。

 

そんなとき、左側の車線がガラガラで、たまにビューンと通り過ぎていく車があることに気づきました。

このレーンを調べてもらうとHOVレーンといって、車社会のアメリカにおいて、なるべく車を減らして渋滞を緩和するために、1台の乗車人数によって優遇するという決まりがあるのだそうです。標識が2+の場合は1台に2人以上乗っている場合のみ通行できるレーン(3+の場合もあり)ということです!ここはめちゃくちゃすいていてスイスイ進みます(ノ゚ο゚)ノ僕らは4人乗りです!これは行かねば!!

 

このレーンに入った途端、まるで世界が違います。渋滞で止まっている右側車線を横目にほぼノンストップで進めます!知らなければ損ですね(/_<)猛スピードで空港に向かい、無事に到着!

 

 

空港のレンタカーリターンで車を返しダッシュします!搭乗手続きと荷物の預け入れをしようとカウンターに行くと受付のおばさんから過去最大級の衝撃の一言が。

 

 

「もう遅すぎるわよ」

 

 

え!?どゆこと?

 

 

「他の飛行機に乗るしかないわ!」

 

 

なんでも、遅くとも出発の45分前には着いておかなければいけないようです。僕らが着いたのは40分前。。。つまり5分遅かったのです(TmT)

 

 

「もうどうしようもないわ」的なことを言われ成すすべなく立ち尽くすのでした。さらになんというタイミングなのか、こんな時に限って英語が唯一できる「ようこ」が現地に残ることになっており、現場にいません。。。

 

 

僕らの悲劇はここから始まります(。>0<。)

 

 

おばさんは終始塩対応。ようこに電話をかけ、おばさんに状況を説明してもらおうとするも、「私は電話は代わらないわよ」とまさかの拒否。カウンターの人は電話してはいけないという決まりでもあるのでしょうか?ゴリ押しするとスピーカーでしぶしぶ話してくれました(゚_゚i)

 

 

でも、情報はほとんど得られず、「もう無理よ」の一点張り。そして「私にはわからないから予約したエクスペディアに電話して!」とのこと。そのままエクスペディアにも電話してもらいました。

 

その話によると

 

・予約していた飛行機は乗り遅れで完全にアウト

・新しい航空券を取らなければいけない

・予約していた航空券はキャンセル返金不可

 

 

さらに、次に乗れる飛行機は夜の10時。14時間待ちです( ̄■ ̄;)しかも新しいチケットは約10万円・・・。

 

 

こんなことって起こるんですね。飛行機って普通に客を置いて行くんだ。。。そう考えると行きのダラスでのギリギリ事件も、本当はかなり危なかったんですね。

 

車移動は何が起こるかわからない。時間はかなり余裕を持って設定しておくべし。帰りの朝が早い時は空港近くのホテルに移動しておくべし。できるかぎりキャンセルできる航空券を予約するべし(エクスペディアはキャンセル不可)。

 

 

身を以て大切なことを学びました(T△T)

 

悲劇はつづく

 

 

次の記事→最終話:セドナで起こった通過儀礼とその後の変化とは?